[Laravel5.5でREST API + SPA] API基本構築その1

Laravelプロジェクト作成

composerはインストール済&パス設定済の前提。

ビルトインサーバで動作確認

http://127.0.0.1:8000にアクセス。
以下の画面が表示されればOK。

とりあえずお手軽にsqliteでDB作成

最終的にはmysqlに移行しますがとりあえず。
sqliteファイルを作成。

.envファイル9行目~を以下のように修正。

このままだとドライバがないというエラーで怒られることになるので以下をインストールしておきます。
インストール後、再度php artisan serveしてサーバ再起動しておいてください。

マイグレーションでusersテーブル作成

デフォルトで/database/migrationsにusersのマイグレーションファイルがあるのでそのままmigrateする。

seederでダミーデータ作成

database/seeds/DatabaseSeeder.phpを以下のように修正

seeder実行。

こんな感じで50件のuserダミーデータが入ります。

usersをCRUDするコントローラ作成

–resourceオプションを付けるとREST的な雛形で生成してくれる。
app/Http/Controllers/UsersController.php

とりあえずindexで全ユーザを返すようにします。

ルーティング

routes/api.phpを以下のように。

API動作確認

http://127.0.0.1:8000/api/users

こんな感じでjsonが返ってきます。

これでひとまずAPIとして機能するところまで組みあがりました。

[Laravel5.5でREST API + SPA] API基本構築その1” に1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る